和白丘にある「リンサーラ」つのうえりなです♪

 

「豊かさはすでにあった」

と気づいた11月がスタートし早くも中盤

 

それは・・・

福岡にいる友人が言った言葉からだった。

 

私の実家は、宮崎のえびの市で

見渡す限り田んぼ。

そこには、お米があり

水が美味しく

山菜にあふれ

四季の採れたてのお野菜が食べれる。

 

(子どもたちと里芋堀り)

 

 

どなたかが置いて行ったであろう

野菜が玄関にどっさりと置いてあったり

 

私が小さい頃は

近所のおばちゃんところに行けば

なんだかんだと持たせてくれる。

 

うちの庭には鶏が今でもいて(笑)

野菜くずを食べてくれる♪

 

 

福岡の友人が隣町の小林市の友人宅に来た時

小林の友人宅は山~の奥なんだけど

 

野菜に手作りのお茶や産みたてのあたたかい卵

家にあるもん全部もってけーというくらい

持たせてもらって帰福したという^^

 

「本当に豊かだなーって思った」って言ってた。

 

小林の友人と、私たち小さい頃からこれ当たり前だったねー

って話してて

10代後半、20代は

なんか田舎が嫌な時もあったけど

今になって

この有難さに気づいた・・・・

あまりにも当たり前すぎて気づかなかった

 

そう

豊かさは、あったんだと・・・

 

 

 

 

(原木椎茸が庭の木と木の陰でひっそりと生息中)

 

 

Pocket

“豊かさはすでにあった” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です