和白丘にある「リンサーラ」つのうえりなです♪

 

image

 

『コブラのポーズ』  後屈系

ご存知の方もいらっしゃると思いますが

一般的には

その効果としては

・腰痛の改善

・大胸筋を強くする

・肩や腰のストレッチ

・猫背の緩和

胸のストレッチにもつながり、バストアップ効果も期待できます

とあります。

 

 

この写真をご覧ください!

image

なんだかコブラのポーズに似ていませんか??

 

この、しなやかな背中!!!

image

 

この3か月のうつ伏せ姿勢は

実は、口の発達につながっています。

この時期にこのポーズをとることで

離乳食の準備をしているわけです!!

 

image

 

身体中央部での安定と制御は

遠位の精妙化をはかります。

つまり、手や足の機能にも影響するのです。

 

手の機能より口の機能がより精妙です。

 

 

首や頭の安定性 ⇒ 体幹の安定性 ⇒ 舌の安定

 

吸綴圧、食物圧の口の機能の発達は

『うつ伏せ姿勢』で改善していきます。

 

 

 

高齢の方の誤嚥性肺炎も

口の機能だけの問題のようですが

体幹の衰えでもあるのです。

 

 

腹筋を鍛えることや体幹を強化することは

口の機能を発達させることにつながります。

 

 

 

さて・・・

 

人間の恐怖心は、どこを固めてしまうのでしょうか???

 

とくに

 

【背中側の筋肉】を固めてしまいます。

 

 

足裏からふくらはぎを通って

背中から頭を通っておでこまで

筋肉の膜でつながっているとも言われています。

 

ココがカチカチになっています。

 

『背中を弛める』必要があります。

 

そのためには

肩甲骨が動くかどうかも観察します。

肩甲骨が動きやすいかどうかは

呼吸に関係してきますし

呼吸は、排泄やアレルギーにも関係しています。

 

 

お子さんとコブラのポーズをとってみましょう。

反動をつけずにやさしく・・・

柔らかさを競うのではなく

自分の体を知る☆☆☆

 

なかなかこんな姿勢

日常ではしないですよね。

 

 

コブラのポーズが苦手だったら

背中を弛めることから始めます。

その際は、お尋ねくださいね♪

からだを知ることは、改善につながります。

 

コブラのポーズの奥深いところにアプローチしてみました。

image

 

image

 

沢山の可愛い赤ちゃん

ご協力ありがとうございます^ ^

 

 

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です