和白丘にある「リンサーラ」つのうえりなです♪

 

 

食アスリートインストラクターの私達にも

嬉しいお知らせが!!

食アスリートの成果を実証した木村 悠選手!!

2015年11月28日  WBC世界ライトフライ級チャンピオンになりましたね!

 

image

 

image

⇧同期が観戦に行ったので写真を頂きました。

 

 

チャンピオンになってもすぐには実感が湧かず

12月に入ってようやく眠れるようになったそうです。

 

 

現役商社マンの 木村 悠選手

早朝、トレーニングして

会社に行って一日働いて

終わったら、またジムへ。。。

 

こんな世界チャンピオンいないです!

image

2012年2月~食事で肉体改造に取組み

心と身体が劇的に進化していったそうです。

 

ちょうど2年経った2月に日本チャンピオンになり

その後、約2年で世界チャンピオンまできました。

image

 

image

 

減量があるからこそ【しっかり食べる!!!】

??

減量があるからこそ食べない、ではないのです!!

 

 

一般社団法人 日本健康食育協会 代表理事で

食アスリート協会 副代表理事の柏原ゆきよ氏が

2012年当初

悠選手に

トライアルで2週間実践してもらったそうです。

 

 

もうどこも痩せるところがない悠選手

しかし「食べて減量」に臨み

なんと2週間で1.5Kgダウンしたそうです。

 

 

その食事法

ボクシング界では、非常識なものです。

だって

お米をしっかり摂っていく食べ方ですから。

炭水化物タブーの世界ですよね?!

 

 

試合前、

飲まず食わずの減量をしてきた選手にとって

「食べる」ってことがどれだけ怖いことか。。。

どのような精神状態なのか。。。

 

私には、想像もできません。

 

 

けれど

悠選手の素直さ、実直さ、実践力で約4年間!

継続しての世界チャンピオン!!!

 

image

食事を変えて一番変化したこと。。。

それは

集中力!!!

だそうです。

 

体も劇的に変わりましたが

それ以上にメンタルが変わったようです。

 

なぜなら

早朝、ジムにいって

一日、会社で働いて

夜、トレーニングするころには、集中力が途切れてしまっていたから。

普通に考えても、そうですよね・・・

 

 

しかし、食事を変えて

夜もしっかり集中してトレーニングに向き合えるようになったそうです。

 

さらに

リングでの戦いも

ラウンドが重なるほど、立て直し、精神力がUPするので

後半に強さが発揮されるというのです。

 

 

今回の世界チャンピオンの試合でも

前半戦は、圧倒的に相手ペース

しかし6Rからが凄かった!!!!!

そして9R~12R まで誰もが引き込まれた試合になりました。

image

image

 

 

もちろん

食事だけでなく、常識を破るようなチャレンジをし続けました。

風呂トレとか!!!

 

(一部、柏原ゆきよ氏からのお話を抜粋させていただきました。)

 

 

 

木村 悠選手が実践している食事法

食アスリートインストラクターとして私の方からもご提案させていただいています。

 

スポーツを始める方

スポーツをしている方

スポーツをしている少年少女

スポーツをしていても怪我をしやすい方

アスリート選手

受験生(脳をアスリートのように使っていますね)

 

 

バテないスタミナとメンタルの強さをつけたい方は

老若男女問わず、ご連絡お持ちしています。

 

image              (悠選手に写真をお借りしました。)

カッコええですね。。。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です