和白丘にある「リンサーラ」

角上里菜(ツノウエリナ)です♪

 

 

一昨年、シンガポールで娘がホームステイでお世話になったことがあります。

 

今度は、受け入れ側になってみたい!

 

そんなことを思っていると

ヤングアメリカンズのメンバーを受け入れる機会に恵まれました。

ヨーロッパを3か月回ってそのまま日本 福岡に初入り。

 

この舞台、私も初めてだったのですが

たったの2日間で子どもたち(150名ほど⁈)と舞台を創り上げるというもの。

 

 

会場は、九州大学の椎木講堂

 

ヤングアメリカンズのメンバー(以下AC)は、18歳~24歳

ACは、歌&ダンス&フィーリングに長けていて

子どもたちを巻き込むのがうまい。

しかもエネルギッシュで!とても3か月ヨーロッパを遠征したとは思えない!

 

私は、スタッフとして1日だけ入らせていただきました。

 

自閉症のお子さんやダウン症のお子さんもいて

ダウン症のお子さんは、音楽が大好きな様子で本当に楽しそう♪

自閉症のお子さんは、始めは戸惑っていましたが

ACが寄り添い粘り強くアプローチしたり、少し距離を置いたり・・・

後半、ACがハイタッチ!

それまで、なかなかしなかった彼でしたが

その時からハイタッチ!

ACは、ガッツポーズ^^

とても嬉しそう♪

見ていた私も胸があったかくなりました。

 

 

ホームステイの受け入れも

距離的に高速を使って片道1時間だったので

ACも大変かな・・・と悩みましたが

リハーサルや初日のお迎えもあわせ 4日間往復しました。

 

 

食事も

お肉やパンが中心だろうと思いましたが

尋ねると

2人とも「ごはん!」とのこと。

日本が大好きのようでした。

JackとDanielそしてうちの子どもたち2人

4人分のお弁当をつくり

みんなきれいに食べていました。

もちろんライスボールですよ(笑)

 

JackとDanielは20歳

私は、片言の英語

通訳は、もっぱら娘に任せていたので

来年、受け入れる時は、自分自身もしゃべれるようになるぞ!と決意あらたにいたしました!

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です