和白丘にあるリンサーラ「つのうえりな」です♪

 

DSC00635

リンサーラにも貼ってある地球暦

月経(排卵)周期と地球歴についてのお話です。HELIOCOMPASS Maternity & Woman’s cycle

月を織りなすという意味合いの月経。
毎月の基本的なペースとリズムの中にも、伸びたり縮んだりと

その月の体調や気分を反映して、微妙に変化をして精密に体の中の月が動いています。

 

毎月の月経日を手帳などにチェックしている人は多いと思いますが

地球暦で記録するとその動きがよくわかります。

 

月経日は、気分も内向的になり体もゆるむのに対して

排卵日は基礎体温が上昇し、筋骨格が締り・・・女性ホルモンも活性化します。

 

それによって、髪がつややかになり、肌がうるおい、目がきれい澄み、体調も気分も外交的になります。

 

一か月の中で、大きく変化していく心身のようすを

地球と月の動きで把握しながら

自分の今のコンディションをみていくと、自然に体が整っていくようです。

 

特に排卵日は、いのちを宿せるときであると同時に

女性が美しく変化するときで、男性からも魅了的に見えるとき。

 

一年間の中で、12回ほど、自分がもっと輝いて魅力ある時がみえてきます。

一生は、約1000か月、この月の波は、平均して400~500回訪れます。

月経の波が終わる頃、体はホルモンのバランスが変わり変調がありますが

これまで一か月の間でおこってきた大きな体調の変化がなくなるため

女性の後半は心身がより安定して、気分の変化も少なくなるようです。

 

自分の「月=体」を感じることで、体調をより自然な状態に近づけることができます。

 

資料:杉山開知さん

月経周期と地球歴 10177369_750581424973476_7086978300341878729_n

 

 

 

先日のヨガで、生理前や中は、肩が凝ってつらいですよねーとの話がでました。

私も今月は、生理の1・2日は、久々に頭痛がありました。

生理前の感情の変調もツライですよね。

 

生理中は、からだが緩むときなので

ヨガはしなくてもいいと言われています。

しかし、体調をみながら、ゆるりとだったら構わないかと思っています。

 

生理中は、逆転のポーズやすきのポーズは避けた方がいいと言われています。

血液の流れが重力に逆らうことになりますからね。

月が変化するように、女性の体も大きく変化します。

体が大きく変化する前にコンディションを整えておきたいですね!

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です