和白丘にある「リンサーラ」つのうえりなです♪

 

 

朝起きて、お口のケアをしたら

1杯のお白湯。

甘くて美味しーい!!

内臓があたたまって ほっこりします。

 

アーユルヴェーダでは、お白湯をすすめています。

それは、消化力(=アグニ)が上がるからです。

そして

白湯のもつ熱の力で、胃や小腸、十二指腸の働きが高まり

毒だしができるのです。

 

胃や小腸、十二指腸の働きが不十分だと

未消化な状態のままで栄養素は からだに吸収されてしまします。

この未消化物がアーマといわれるものです。

 

アーマをつくらないために、できること。

胃腸や腸の働きを高めること(=消化力を取り戻すこと)

 

この消化力は

からだ全体がもっている熱量に大きく関係してきます。

つまり

胃、小腸、十二指腸の熱の力が

からだのすべての代謝の力の基本なのです!

 

白湯の驚くべき解毒、浄化は

まずは、1週間試してみます。

朝起きて、昼晩の食事の時間中に、食間に。

各コップ一杯から。

すするように飲みます。

1日800ccくらいまで。

水筒にいれて、持ち歩くのもいいですね。

なかなか。と感じるなら

朝1杯から始めてみるのもいいと思います。

 

最初は、美味しい、と感じない時もあるかもしれません。

 

しかし

からだの中のアーマが流れ出すと

味が変わってきます。

 

白湯。白い湯。白→濁ってない

濁りのない流れるものを入れて、掃除する感覚。

「水」でいいんじゃないか?

と思いますが

「水」とは、違う働きをしてくれます。

 

白湯といえば、赤ちゃんや病気??をイメージする方もいるようです。

実は、白湯がいい深ーいワケがあるのです。

胃腸力アップの手助けになる1つの方法です。

 

さぁ、今朝もお白湯を飲んで

1日が始まります!!

image

image

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です