和白丘にある「リンサーラ」つのうえりなです♪

DSC01571

 

ヨガの前後で血圧、脈拍数を測っていただきました。

公開どうぞ~といってくださったので

掲載させていただきますね!

 

お見えになって落ち着いたところで座位にて計測。

image

 

 

90分のレッスン終了後で同じく座位で計測。

image

脈拍数が18減ってました~

下の血圧は、低めだったので

上がってますね。

自分で自分のからだを自動調整しているんですね!!

 

 

ヨガでは、できるだけ深い呼吸の腹式呼吸で

からだの動きと連動させていくので

副交感神経が優位になります。

そして、血管が広がり、血行がよくなり

リラックスしている状態に導くことができます。

 

何かアクションをかける時は、

からだの動きを活性化する交感神経の働きも重要になります。

 

しかし常々、交感神経が優位になりがちです。

お茶を飲んでいるときやご飯を食べるときなどは、

リラックスしているはずですが

いろんな考えが頭を支配して

心身がリラックスできない状態にあります。

眠っている時でさえ、緊張状態に強いられています。

それは、無意識に行っています。

だから、交感神経優位になっているなんて気づいてない場合が多くあります。

 

こうなってしまうと、リラックスの状態がどういう状態かよくわからない。

となってしまうのです。

 

頭をからっぽにする時間をつくり

同時に緊張したからだをほぐし

心をほぐし

呼吸がゆったりになる。

 

脈拍や心拍数の低下、血圧の低下、腹式呼吸

この3つが同時にできます=リラックスしている状態です

 

腹式呼吸は、一回の呼吸で出し入れする空気の量が

胸式呼吸の3倍以上になります。

少ない呼吸数で多くの量の酸素を体内に取り入れることができるので

心臓や肺の負担が緩和されて血圧が高くならないのです。

ヨガで血圧が上がった場合は、

呼吸が浅かったり、途中でとめたり、リズミカルに呼吸ができていない可能性があります。

 

 

また腹式呼吸は、

脳内のバランスを整える物質セロトニンの分泌を盛んにします。

すると、さわやかな気分になり、集中力が高まります。

 

そして、免疫力をUPします。

 

ホント、私自身、すぐに風邪をひいていました。

だいたい、喉から痛みがくるのです。

「キタ!やばいな><」という感じです。

 

今、記憶が蘇ってきましたが

小さい頃は、喘息もありました。

もう、苦しくてしょうがなかった・・・

 

最後にひどかった喘息発作が2回

1回目は、二女を妊娠中。

まだ臨月にもなっていなかったけど

咳をした勢いで出るーーーー!と思うくらいでした。

 

2回目は、それから1.2年後。

特に夜中が酷かった。。。

 

ヨガを始めて習慣になってからというものまったく出なくなりました。

 

そういえば

風邪をひきにくくなったな・・・喘息が出なくなったな・・・

 

メンタルの部分も大きく変わってきたからだと思います。

メンタルもカラダと同様、苦しかった状態だったので。

 

 

ヨガの前後で実感すること

測定をして数字を目でみるとまた分かり易いですね!

 

深い呼吸を習得して

布団の上で、ちょっとした時間に

ゆったりとした呼吸を感じてみませんか?(^^)

DCIM0321

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

和白丘にある「リンサーラ」つのうえりなです♪

DSC01571

 

ヨガの前後で血圧、脈拍数を測っていただきました。

公開どうぞ~といってくださったので

掲載させていただきますね!

 

お見えになって落ち着いたところで座位にて計測。

image

 

 

90分のレッスン終了後で同じく座位で計測。

image

脈拍数が18減ってました~

下の血圧は、低めだったので

上がってますね。

自分で自分のからだを自動調整しているんですね!!

 

 

ヨガでは、できるだけ深い呼吸の腹式呼吸で

からだの動きと連動させていくので

副交感神経が優位になります。

そして、血管が広がり、血行がよくなり

リラックスしている状態に導くことができます。

 

何かアクションをかける時は、

からだの動きを活性化する交感神経の働きも重要になります。

 

しかし常々、交感神経が優位になりがちです。

お茶を飲んでいるときやご飯を食べるときなどは、

リラックスしているはずですが

いろんな考えが頭を支配して

心身がリラックスできない状態にあります。

眠っている時でさえ、緊張状態に強いられています。

それは、無意識に行っています。

だから、交感神経優位になっているなんて気づいてない場合が多くあります。

 

こうなってしまうと、リラックスの状態がどういう状態かよくわからない。

となってしまうのです。

 

頭をからっぽにする時間をつくり

同時に緊張したからだをほぐし

心をほぐし

呼吸がゆったりになる。

 

脈拍や心拍数の低下、血圧の低下、腹式呼吸

この3つが同時にできます=リラックスしている状態です

 

腹式呼吸は、一回の呼吸で出し入れする空気の量が

胸式呼吸の3倍以上になります。

少ない呼吸数で多くの量の酸素を体内に取り入れることができるので

心臓や肺の負担が緩和されて血圧が高くならないのです。

ヨガで血圧が上がった場合は、

呼吸が浅かったり、途中でとめたり、リズミカルに呼吸ができていない可能性があります。

 

 

また腹式呼吸は、

脳内のバランスを整える物質セロトニンの分泌を盛んにします。

すると、さわやかな気分になり、集中力が高まります。

 

そして、免疫力をUPします。

 

ホント、私自身、すぐに風邪をひいていました。

だいたい、喉から痛みがくるのです。

「キタ!やばいな><」という感じです。

 

今、記憶が蘇ってきましたが

小さい頃は、喘息もありました。

もう、苦しくてしょうがなかった・・・

 

最後にひどかった喘息発作が2回

1回目は、二女を妊娠中。

まだ臨月にもなっていなかったけど

咳をした勢いで出るーーーー!と思うくらいでした。

 

2回目は、それから1.2年後。

特に夜中が酷かった。。。

 

ヨガを始めて習慣になってからというものまったく出なくなりました。

 

そういえば

風邪をひきにくくなったな・・・喘息が出なくなったな・・・

 

メンタルの部分も大きく変わってきたからだと思います。

メンタルもカラダと同様、苦しかった状態だったので。

 

 

ヨガの前後で実感すること

測定をして数字を目でみるとまた分かり易いですね!

 

深い呼吸を習得して

布団の上で、ちょっとした時間に

ゆったりとした呼吸を感じてみませんか?(^^)

DCIM0321

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です