和白丘にある「リンサーラ」つのうえりなです♪

 

 

DV。配偶者や恋人、親子など親しい関係の人から加えられる暴力。

 

DVを受けている方が保護されているところへ行きました。

彼女は、体への暴力は受けていませんでしたが

凄まじい暴言を何時間も受け、身のまわりのモノを破壊されて

相当な精神的苦痛を受けていました。

モラルハラスメントともいうでしょうか。

 

このことは、保護をうけている方にお聴きしたのですが

言葉では表現できないほどの恐怖にさらされていることを

後にお会いして知ることとなったのです。

 

 

ご本人は、笑顔でご挨拶され

なんとか気持ちを保っていらっしゃるように感じました。

 

保護されているので

数日前から仕事も休んで時間はあるが

眠れないということでした。

 

保護されている方から聞いて知っているだろうからということもあって

ご本人の口からは、現在の状況をお話されることはなく

頭が重くて重くてこめかみが痛いという

からだの症状をお話されていました。

 

とにかく今は、からだの症状を楽にすること。

 

ご本人は、鎮痛剤を飲んでもまた痛くなってその繰り返し

薬に頼っても・・・ということは体験していらっしゃいました。

 

呼吸がとても浅くなっていたので

呼吸法をお伝えしました。

 

「こんなにゆっくりした、深い呼吸

気持ちがいいですね。。。

忘れてました・・・」

 

そして、オイルで手や足をトリートメントしました。

そのままぐっすりと休まれたので

そっと退室しました。

 

次の日に足を運ぶと

横になっていらっしゃったので

近くまで行って

引き返そうとしたその瞬間!

 

気配に驚いて

ものっっっすごい勢いで

叫び、後ずさりされたのです!!!

恐怖におののいて、怯えておられました。

 

「私です!私です!」というと

心臓をなでおろして脱力されました。

「すみません、驚かせてしまって・・・」

もちろん驚かすつもりなどなかったのですが

その状況に涙が出そうになりました。

 

どれだけ普段、恐怖にさらされているかを思い知ったからです。

 

ご本人も、半分眠ってて、状況がつかめなったとお話をされていました。

 

今日は、呼吸法とトリートメントを前日より長めに行いました。

「あぁぁ~・・・天国のような時間・・・

こんな時間があったんだ~

こんなマッサージなんて受けたのは、初めてかも・・・

あぁぁ~気持ちいい・・・」

 

私に与えられた時間は、3日間。

 

翌日、最後の日に伺うと

「1日かけて

呼吸に気持ちを傾けて

体が喜ぶ呼吸を繰り返しやってみた」とおっしゃいました。

 

「どっしりと重かった頭がなーんか軽くなって。。。

ほーーーんと、らくーになりました。。。

呼吸でこーんなに違うんですね。」

自分の力で痛みを楽にすることができるんですね。」と

言われていました。

 

最後の日は、一緒にヨガをしました。

 

数日後、ご報告をいただき

ひとまず別居をして一人暮らしをしてみる

とのことでした。

 

実は、今まで

このDVの世界から抜け出せるのに、抜け出せなくて

何度も何度も飛び出しては

また帰る。ということを繰り返しておられました。

 

今回、大きな決断をされたと思いますが

佳き方向に進んでいかれることを願わずにはいられません。

 

つづき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です