和白丘にあるリンサーラ角上里菜です♪

 

段ボールコンポストを知ったのは

かれこれ…16年ほど?!前

それから失敗続きの段ボールコンポストでした!

 

失敗続きというのは・・・

虫ちゃんがぁぁぁぁ~(>_<)

お目見えするのです(;゚Д゚)

 

思わず『ぎゃーー--!』』

となってしまい

終了していました。

 

そして

昨年、再挑戦し、うまくいってるのです♬

1年経過しています~^^

 

1つの箱で3カ月~6カ月

なんと約50キロの生ごみが処理できます!

家庭ごみの約40パーセントを占める「生ごみ」は

水切りによる減量化も推奨されていますが

捨てることなく堆肥にできれば、一石二鳥!

 

私は、堆肥は自分でつくらず

近くのNPO法人 循環生活研究所の方に

お願いしています。

https://www.jun-namaken.com/composting/

うちは、月1回

クルーが訪問してくださり

月に数百円で管理してもらっていて

箱やカバーが

古くなったら取り替えてくれます。

私は、毎日出る生ごみを投入して

ちょいちょいと混ぜるだけ!

 

時々、糸状菌と呼ばれる白カビが発生しますが

ご安心ください!

なんだなんだこれは~

と最初は思いますが

微生物が活性化している証拠なのです。

 

段ボールコンポストも進化してきて

当初、段ボールだけだったものが

上部にネットを被せるものになり

今は、全体をカバーするものに変わりました!

そのカバーも不織布のような生地になりチャック式で

通気性もよく、隙間がないので

虫さんが入る余地がなくなったのです。

 

段ボールコンパストの基材は

ピートモスやもみ殻くん炭。

夏は、発酵が著しく

生ごみが数日でなくなります!

発酵の力で

熱を帯びるのです!

 

100均の入れ物を二つ並べて

段ボールが土に直接、触れないようにします。

(ここポイント!です)

夏は、ごみ収集の日まで

生ごみが腐敗したりするので

コンポストがあると

すぐにポイッと投入できます♬

 

 

今、マンションなどでは

生ごみ用のダストボックスがあるようですね。

そういった設備がない場合は、

コンポストは、おススメです♪

 

市や地区の補助金が出る時もあり

一部負担で購入できる時もありますので

循環生活研究所に問い合わせをして

相談されるといいかもしれません。

https://www.jun-namaken.com/composting/

 

リンサーラへのお問合せはコチラから

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です