和白丘にある「リンサーラ」つのうえりなです♪

 

 

前回のブログの続きです。

 

なぜ、DVを受けている状態から抜けれないのでしょうか。

 

心理カウンセラーの藍色シアンさん曰く

「お金の問題も、DVから抜け出せないのも、モラハラから抜け出せないのも

根っこは、同じかも」と言っています。

 

転載自由~とおっしゃっているので添付しますが

 

お金がないから

日常の生活にも困って好きなこともできないんです。

 

夫が暴力をふるうんです。

でも、その生活から抜け出せないんです。

 

いつも責められて怒られて

お前が悪い!と言われて

辛いんですがどうしていいかわからないんです。

 

 

一番最初がお金がないという問題

二番目がDVの問題

三番目がモラルハラスメントの問題

 

ってことなんですが

 

この3つとも実は根っこは同じかもって知ってました??

 

つまり

 

どうせ「変えられない」

変えることを諦めている

 

っていう思いがあるってこと。

 

 

変えられないと

思っているのはどうしてか?

 

その「環境」に「馴染み」があるってことなんです。

 

そう、

お金がなくて

苦労する生活に

 

馴染みがある。

 

夫が暴力をふるうその生活に

 

馴染みがある。

 

相手から責められ、怒られ

精神的に落ち込んでいく

その生活に

 

馴染みがある。

 

馴染みがあるから

「ついつい」同じことをしてしまうってこと。

 

そして、馴染みがあるから

そこから抜け出さないでいるってこと・・・

 

僕も4年半の

かなり強烈なモラルハラスメントの生活にいたから

わかるんです・・・

 

その時は、その生活の中で

なんとか認めてもらうことを

一生懸命考えて

そして相手に償っていたし

 

それが「当たり前」で

それが常識で

それに馴染んでいたから

 

そこから「抜け出していい」なんて

微塵も思えなかった。

 

抜け出すことは

罪悪だとぐらいに思っていた・・・

 

だって

その生活の中で

成長してちゃんとしていくこと

 

それが一番大切だと

信じて疑いもしてなかったから。

 

でもね、

変化するってことは

そこから「いち抜けた」って言っていいってこと

 

馴染んでいるから

そりゃぁ、怖いかも。

 

もっと苦労が待っている

そんな幻想に入り込むかも。

 

でもね

その生活、やめていい。

同じパターンから抜け出していい。

 

そして

そのパターンから抜け出していいって決めたときに感じる

 

「ホッと」を大事にしてほしい

 

これが大事です!!

 

実は、この

お金がない生活

DVの生活

モラルハラスメントの生活

 

そのどれも

それを維持している原動力は

「恐怖」なんです。

 

つまり「恐怖の生活」に馴染みがあるってこと。

 

恐怖がなくなる生活が

実は「怖い」ってこと。

 

人っておかしいですよねぇ・・・

 

そして、どうしてこの恐怖が必要かといえば

それは、心の奥底に

罪悪感を抱えているから。

 

つまり

 

恐怖にたえている自分は

罪をつぐなっていることになる

 

そうやって

罪悪を減らそうとしている

そもそもその罪悪感がウソなわけで・・・

 

そもそもあなたに

罪なんてないわけで。

 

だとすると

 

お金がない

DVから抜けられない

モラハラをやめてくれない

 

そういう生活をやめられない根本の原因は

 

あなたが

罪を償おうとしているからなんだっていうこと

 

罪悪感から解放されること

まずは、決めてみませんか?

 

 

とありました。

どうしてもDVから抜けられない理由。

いろいろとあるようですが・・・

この心の奥底にあるもの

なかなか見えないですよね。

まさか自分が罪悪感を持ってることが抜け出せないことの一つなんて

逆に認めたくないところもあるかもしれません。

 

あの人があー言ったから、この人があー言ったからでは

前に進めません。

 

自分の心の奥底にひそんでいるものが解放されたとき

始めて変えられるのかもしれませんね。

 

DSC00777

 

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です